Wikipediaの信頼性

正しい情報源を使う

良い情報を書くためには正しい情報源を見つけることが重要です。「正しい」とは、信頼性があり更新頻度が高いサイトや本などのことをいいます。情報の信頼性も重要ですが、情報の鮮度も大事です。間違っていない情報でも数年前の記事を参考にしていては、価値のある情報を提供しているとは言えません。

Wikipediaは信頼できる情報を載せているか

記事を書くための情報のソースの一つにWikipediaがありますが、どれくらい信頼できるのでしょうか。

ある研究ではWikipediaの情報は専門家一人よりも高度な情報を載せているといわれています。しかし、別の研究ではWikipediaの情報は信頼に足るものではないという結論が出ています。

Wikipediaについて調査した日本語の研究にはこちらの論文があります。

結論から言えば、Wikipediaの情報の中には信頼していいものも信頼してはいけないものもあります。個人的な感覚としては、政治的思想がかかわるものや医療など専門性が高いものには間違った情報が載せられていることが多い印象です。

また、日本版のwikipediaよりも英語版のwikipediaのほうが情報量も多く、信頼性もどちらかといえば高い傾向があるように感じます。

結局Wikipediaを使うべきか否か

結局のところ、情報源のひとつとしてWikipediaを使うのはありでしょうか?

これはある程度はありだと思います。ただWikipediaだけを使うのではなく複数の情報源を比較しながら使うのが最適でしょう。